奨学生管理熱血スカラシップ

熱血スカラシップ熱血スカラシップは、奨学金に関する業務データを一元管理。職員同士の情報共有やデータ管理を行います。

動画にはアナウンスが入っております。
お聞きになりたい方はコチラをクリック!

Actual screen実際の画面

メインメニュー

熱血スカラシップは大学オリジナルの奨学金、日本学生支援機構の奨学金、地方奨学金など大学にて取扱いのあるすべての奨学生を一括で管理システムです。
『管理業務』をクリックすると、『奨学生検索』『日本学生支援機構』とのデータ連携画面へ移動します。
奨学金受領生の選考や返還の業務はカスタマイズ対応です。
実績の詳細は下記の導入実績をご覧ください。

管理業務メニュー

《管理業務のメニュー画面》
奨学生の検索機能、集計・日本学生支援機構とのデータ連携の機能があります。これらの機能は熱血スカラシップのパッケージ機能です。

学生検索

《奨学生検索画面》
下記、それぞれの項目を含む(and)検索が可能です。
【ブルー部分】
学部・学科・コース・学年・学籍状態(在学・退学・留学など)・学籍番号
【グリーン部分】
採用年度・奨学金の種類(日本学生支援機構・学内奨学金・新聞社・地方奨学金など)・奨学生の異動・貸与/給付・採用日・メモ内容
【ピンク部分】
日本学生支援機構の最終成績判定・満期予定年月

諸条件を設定して『累加表示』ボタンを押下すると画面したの部分に検索結果が表示されます。

学生検索結果あり

《検索結果表示》
この結果を活用し、3つのデータにエクセル出力することもできます。
【エクセル出力項目】
・採用履歴出力
・学籍異動履歴出力
・連絡先情報出力

また、選択した学生1人1人の詳細情報を見ることもできます。

学生情報詳細

《学生の個人ページ》
奨学金を受領している学生1人1人の個人情報(氏名・住所・緊急連絡先・成績・学籍異動履歴・奨学金の異動履歴・奨学金額・保証人情報)をこの画面で確認ができます。
また、メモ欄がありますので、窓口対応・電話対応・保護者からの問合せなど、対応履歴を共有することができます。
このメモ欄に残す情報を予めキーワード設定しておくと、そのキーワードで検索することもできます。

集計画面

《集計機能画面》
パッケージ機能のもう一つの機能が『集計機能』です。
採用年度・奨学金種別・団体(奨学金運営元)・学籍状況などから必要な実績をピックアップしエクセル出力します。

Flow導入の流れ

  1. 商品紹介

    • システムの概要説明およびデモ(操作実演)をさせていただきます。
    • ご不明点やお困り事など、ヒアリングさせていただきます。
  2. お見積り・ご契約

    • お伺いした内容をもとに、導入費用の御見積と御見積内訳書を作成いたします。
    • お見積の内容にご納得いただいてからのご契約となります。
  3. システム設定

    • お伺いしました要件を精査し、適切なシステム設定や初期データの準備について調整させていただきます。
  4. 納品・検収

    • ご利用のパソコンやサーバにシステムを設定いたします。
      ※ご契約~納入まで、約2ヶ月~となります。
    • システム稼働後、検収をお願いいたします。

Operating environment動作環境

クライアントパソコン
OS Windows 7/8.1/10
前提ソフト1 Access2010/2013/2016(全て32bit版のみ)
前提ソフト2 Excel2010/2013/2016(全て32bit版のみ)
メモリ 上記OS、ソフトが快適に動作する環境
HDD 上記OS、ソフトが快適に動作する環境
データベースサーバ
OS Windows Server 2016以降
DB SQL Server 2016以降
.NET Framework .NET Framework3.5
メモリ 4GB以上
HDD 200GB以上

導入実績ご紹介

これまでに導入いただいた、熱血シリーズの
実績をご紹介します。

導入実績を見る

よくあるご質問

詳しく見る